国際的に脅威となる感染症その対策

「国際的に脅威となる感染症とその対策」が

日本医師会雑誌、2017年5月号の特集です。

ウイルス性出血熱(エボラ出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ熱)

蚊媒介感染症 - デング熱、ジカウイルス感染症、チクニング熱、

鳥インフルエンザ、MERS(中東呼吸器症候群)

重症熱性血小板減少症候群、エンテロウイルス感染症について勉強させてもらいました。

また、薬剤耐性(AMR)アクションプランについても学習「しました。

麻疹、梅毒の流行についても記載されています。

実際に診療する可能性は全くないわけではなく、

知識として身に着けていないといけない内容です。


↓よろしければ、当院ホームページもご覧ください。(相互リンクも募集しております。)
こじま内科クリニック



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こじま内科クリニック

Author:こじま内科クリニック
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
FC2カウンター
ホームページもご覧ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR